無料相談受付中

組織再編支援

組織再編とは
企業の組織を見直し、編成しなおすことです。
効率的な事業の運営や部門の拡大などを目的として行われます。

組織再編を検討している経営者の方へ

手法としては、合併、分割、株式移転、株式交換等であり、例えば複数の事業を営んでいる会社が不採算部門を一旦別会社管理したい場合にその部門を別の会社にしてしまう方法や、シナジー効果を狙って別の企業を吸収して自社に取り込んでしまうような方法があります。

組織再編の手法

組織再編の方法には様々な手法があり、その手法を選択するかにより再編の効果は異なります。

 

組織再編を行う企業は各種スキームの中から、会計・税務・法律などあらゆる面からメリット・デメリットを整理して、再編の目的に適合したスキームを選択する必要があります。

組織再編に関する会計・税務・法律は改正があったり、その取扱いが複雑であるため、組織再編を行う企業だけで検討するには困難な場合が多く、充分な検討が必要となります。

変化が激しい環境下においては、組織再編の重要性は高くなっております。

グループ会社がある企業においてはグループ全体の効果的かつ効率的な事業経営を図るために組織再編の活用が必要となりますが、その目的は様々です。

  • 限りある経営資源の再配分を行いたい
  • シナジー効果を狙い
  • 新事業の展開をしたい
  • 不採算部門を別管理してグループ全体の戦略を練り直したい

また、組織再編を行うにあたり企業が検討すべき項目は多岐にわたります。

  • 会計・税務・法律・労務
  • 事業の許認可
  • 債権者・株主への説明
  • 事業自体に及ぼす影響  など

組織再編のさまざまな種類

事業分離(新設分割 + 株式譲渡 ) 例

新設分割の手法を利用して、売却対象の事業を新しい会社に移動し、新しい会社の株式を第三者に売却することで、もともとの会社は本業のみとなり、整理されます。

持株会社設立(株式移転) 例

株式移転をする手法により、持株会社を設立します。そして現場の機能を子会社に集約することで経営部門と現場部門を分け、それぞれの損益管理を可能となります。

合併 例

関連会社の類似業種を営む会社を合併により統合して、グループ内全体のシナジー効果を生みかつ経営資源の効率化も図れます。

サポート内容

  • デューデリジェンスを行います。
     企業グループの現状を分析・把握します。
  • 組織再編の目的に適合したスキームを選択・立案します。
     分析・把握の結果認識した各種リスクを勘案して、様々なスキームから選択します。
  • 実行の支援を行います。
     スキームを決定後、シュミレーションを実施し、組織再編の実行を計画します。
  • 経理処理・税務処理を支援します。
     複雑な経理処理や組織再編税制を解説、支援いたします。

価格表

【サポート】

持株会社設立(株式移転)  個別見積 
事業分離(新設分割+株式譲渡) 個別見積
グループ内再編(合併) 個別見積
グループ内再編(事業譲渡) 個別見積
税務・会計・会社設立・確定申告・相続・中国進出 木住野会計事務所 TEL:055-269-6315 お気軽にご連絡下さい。 山梨・甲府の公認会計士・税理士は木住野会計事務所まで