無料相談受付中

「これはビッグニュース」中国がノルウェー産サーモンの輸入を一部解禁―中国メディア

2018年7月8日、澎湃新聞は、中国がノルウェー産サーモンの輸入を一部解禁したことで、輸入が急増する可能性があると報じた。 

記事は、ノルウェー水産物審議会中国事務所の責任者が「これはノルウェーにとってビッグニュースだ」としたうえで、中国政府が3日にノルウェー産サーモンの輸入を一部解禁したことを明らかにしたと伝えた。 

中国はこれまで、ウイルスの脅威を理由として度々ノルウェー産サーモンの一部輸入を禁止してきた。2015年3月にはソール・トロンデラーグ県、ヌールラン県、トロムス県のサーモン輸入を禁止し、他県産サーモンについても膵臓(すいぞう)疾患や伝染性サケ貧血の未罹患証明提出を義務付けた。 

この措置によって、中国のサーモン輸入の構図が大きく変化した。税関当局の統計によれば、14年にはチルドサーモン輸入量の3割超を占め、最大のサーモン輸入相手国だったノルウェーが、翌15年には6位にまで低下し、デンマーク領・フェロー諸島からの輸入が最も多くなったという。 

記事は、今回の措置で、今後中国がノルウェー産サーモンにとって最大の消費市場になりそうだと伝えている。