無料相談受付中

中国、1~9月のFDI9%増

商務部は1~9月の中国への外国直接投資状況を公表した。外資が設立した投資企業数は前年同期比10.1%増の1万8980社、外資導入額(FDI)は同9%増の5847億4000万元だった。9月単月の外資導入額は同7.1%増の594億6000万元だった。10月13日、北京商報が伝えた。

具体的にはハイテクサービス業、ハイテク製造業の外資導入額が大きく伸びており、1~9月のサービス業の外資導入額は同19.2%増の579億9000万ドルと、全体の61.1%を占めた。そのうちハイテクサービス業の外資導入額は同57.6%増の61億6000万ドル。

同期間のハイテク製造業の外資導入額は同10.4%増の70億ドルで、中でも通信設備製造業は171.7%増加した。

商務部研究院国際市場研究部の白明則副主任は「外資の中国市場に対する関心は非常に高い。ハイテクサービス業や製造業分野では、中国に続く有望国を見つけるのも簡単ではなく、中国の政策支援もあり、外資は中国市場に自然と引き付けられる」と分析した。