無料相談受付中

広西チワン自治区の少額貿易額35.9%増

南寧税関は今年第1四半期の広西チワン族自治区と国境地帯の少額貿易輸出入額は前年同期比35.9%増の287億7000万元で、そのうち輸出が277億6000万元、輸入が10億1000万元だった。4月26日、新華網が伝えた。

今年の第1四半期の貿易額は3カ月連続増加しており、同50.2%増の129億7000万元、2月は59億3000万元、3月は98億6000万元だった。

税関の担当者は「広西チワン族自治区の少額貿易の主役は民営企業だ」とコメント。民営企業の貿易輸出入額は51.7%増の282億3000元と全体の98.1%を占めた。

また、輸入農産品は同48.6%増の8億元で、輸入額全体の79.3%を占めた。輸出は紡績、服飾、機械電気、陶磁器などが多かった。