無料相談受付中

毎月19日は「イクメンの日」 山梨知事

 後藤斎知事は14日の定例記者会見で毎月19日を「イクメンの日」に指定し、子育て中の男性職員の育児時間を増やすため定時退庁を奨励すると発表した。後藤知事は「周りが協力しないと定時の午後5時15分に帰れない。子育て支援の第一歩」と語った。

 「イクメンの日」は「1(い)9(く)」の語呂合わせから、指定した。対象となるのは3歳未満の子供を育てる男性職員。県人事課によると、対象の男性職員は本庁、出先機関を含め30代を中心に現在は約300人。初回となる今月19日は日曜日と重なるため、前倒しして金曜日の17日を「イクメンの日」に充てる。県人事課では「(少子化対策として)ワークライフバランスを取りやすい環境をつくった。民間企業に先駆け県が率先して対応した」と説明している。