無料相談受付中

中国の11月貿易黒字は544億ドル、また過去最高を更新―中国メディア

中国の11月の輸出入はいずれも減速したが、貿易黒字額は544億7000万ドルと、単月としては過去最高を記録した。8日、上海証券報が伝えた。

税関総署の発表によると、11月の輸出は前年同月比4.7%増、輸入は同6.7%減でそれぞれ今年3月以来の低水準となった。中でも輸出の伸び幅は前月の11.6%から大幅に低下した。また、輸入がマイナスに転じたことで、貿易黒字額は今年7月、8月に続いて過去最高を更新した。アナリストは「内需の弱さと人民元の上昇圧力を示唆している」と分析している。

今年1~11月の中国の輸出入総額は前年同期比3.4%増の3兆9000億ドル。そのうち輸出は同5.7%増の2兆1200億ドル、輸入は同0.8%増の1兆7800億ドル、貿易黒字は42.2%拡大して3325億ドルだった。このペースでは、年間の輸出入増加率7.5%という政府目標の達成は絶望的だ。

国務院発展研究中心マクロ経済研究員の張立群氏は「来年の国際市場は安定が見込まれ、中国の輸出環境も落ち着くだろう。輸出競争力は安定し、来年の輸出増加率は7%前後を保つとみている」と述べた。一方で商務部の専門家は来年の輸出増加率が4~5%に落ちる可能性を指摘している。

http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economy/403741/